通信制高校 滋慶学園高等学校の転入学・編入学についてtest

通信制高校
滋慶学園高等学校への
転入学・編入学は大丈夫?

通信制高校の転入学・編入学の違い

転入学・編入学の基本

転入学とは、高校に在籍したあとに空白期間なく新しい高校へ移ることを言います。したがって、新しい高校への出願時に高等学校に在籍していることが条件となります。
編入学とは、高等学校を中途退学した人が学校に入り直すことを言います。転入学と異なり、中途退学から編入学までに高等学校に在籍しない期間があります。

他の高校からの転入学・編入学について

下記の方を対象に可能です

  • 現在他の他の高校に在籍している人(転入)
  • 他の高校を中途退学している人(編入)
  • すでに他の高校を卒業している人

入学が難しい方

  • 健康に不安がある人
  • 入学試験、学力に不安がある人
  • 不登校の経験がある人

すでに高校卒業資格を持っている人は、基本的には入学できません。しかしもう一度勉強したいという人は、特定の教科・科目だけ聴講生(科目履修生)として履修することも学校によっては可能です。

入学と卒業に関わる単位と在籍期間

転入学・編入学時の学年や、どれくらいの期間で卒業できるかどうかは、以前在籍していた高等学校での単位の修得状況と在籍期間によって決まります。

転入学時・編入学時
学年は、各学校の修得単位数の規定に基づいて、修得していた単位が10単位未満であれば1年生、10単位以上40単位未満であれば2年生といったように決まります。なお、ここに履修済みの科目も勘案されることもあります。
卒業要件
通信制高校の卒業要件は下記3点です。
  • 必修科目を含め74単位以上修得すること
  • 在籍期間が通算で3年以上あること
  • 特別活動に30時間以上出席すること
在籍期間も卒業要件に含まれることから、転入学・編入学の時期によっては高校3年生の3月に卒業できない可能性もあります。転入学を決断する前に必ず確認しておきましょう。

通信制高校の転入・編入とは

通信制高校に籍を置く方法は、入学・転入・編入と、3つの方法があります。入学は一般の高校と同じように中学校を卒業後に必要書類を提出し書類選考や面接試験を通過して4月から勉強を始めます。

通信制高校の転入とは

通信制高校へ転入するとは、いわゆる「転校」になります。現在でも全日制、定時制などの高校に在籍し、その状態を通信制高校へ移すことです。 元々在籍していた学校で取得した単位はそのまま新しい通信制高校でも引き継げます。1年次の単位を取得していれば2年次からスタートすることになります。また通信制高校へ転入した後の学習ペースにもよりますが、同級生と同じタイミングで高校を卒業することも可能です。

通信制高校への転入を希望する理由の多くは、高校での友達関係が上手くいかないことや体調の面で毎日高校へ登校することが難しく感じていることです。今の高校ではやっていく自信がない、でも高校卒業資格は取得したいという方は通信制高校への転入を考えてみましょう。

通通信制高校の編入とは

一時期でも全日制・定時制高校に在籍していたが、既に中途退学した生徒が通信制高校に入学することです。退学前に取得した単位は引き継ぐことができ、これまでに取得した単位数で何年次に編入するかが決まります。 編入時は、簡単な試験や作文など学力試験が必要な場合もあります。中途退学から編入までの期間により、同級生と同じタイミングで卒業することは難しくなります。

編入を希望する生徒は、授業についていけない、友達関係が上手くいかないなどの理由で以前の高校を退学しています。学習面もメンタル面も安心して高校卒業資格取得を目指したい方は諦めずに通信制高校への編入を検討してみましょう。

通信制高校への
転入学・編入学の条件

入学の条件

年齢制限
入学時の年齢に上限はありません。
入学できる都道府県
学校によって生徒を募集している区域が異なり、制限がある場合があります。

通信制高校への転入学は高校2年からでは遅い?

家庭の事情以外での転入学にネガティブなイメージを持たれている方もいるかも知れません。しかし、環境を変えてチャレンジすることで、高校生活への不満が解消されることもあります。今の高校生活に不満を抱いている人にとって、転入学は一つの解決手段といえるでしょう。 また、転入学・編入学をするのに、タイミングが遅すぎるということはありません。ここからは、転入学・編入学のタイミングなどについて紹介していきます。

転入学はいつしても大丈夫

多くの通信制高校では、入学資格に年齢制限を設けていません。そのため通信制高校への転入学は高校1年生からでも、3年生からでも可能です。ただし、通信制高校によっては転入学の時期が限られている場合もあるため、注意が必要です。 なお明聖高校の場合は、高校3年生の転入学は7月で受付が終了します。学校によって時期を逃すと転入学できない可能性があることは念頭に置いておきましょう。

転入学や編入学は夢や目標に向かうための選択肢

自分の夢や目標に向かうために自分の時間を確保したいという人にとって、通信制高校への転入学・編入学は有力な選択肢の一つといえるでしょう。通信制高校を選んだ人のなかには、スポーツやダンスなどの夢を追いながら高校卒業資格を得たい人や、社会人になってからあらためて必要になり学び直す人もいます。 下記の記事では、通信制高校に通う先輩たちが、どのような理由で通信制高校を選んだかを紹介しています。あわせて参考にしてください。 通信制高校に行きたい!先輩たちはどのような理由で通っているの? | 通信高校生ブログ

通信制高校は自分の夢に向かって突き進みたいという方にとって適した環境が整備されていますが、学校やタイミングによって、の条件も変わってきます。気になる場合は、資料請求などで、詳細を調べてみて下さい。


転入学・編入学のお悩み
転入学・編入学のお悩み
転入学・編入学のお悩み
  • 転入学・編入学のお悩み
    お電話 or メールで
    お問い合わせ
  • 転入学・編入学のお悩み
    担当者がご相談
    ※何度でもOK
  • 転入学・編入学のお悩み
    転入学出願 入学
    編入学出願 入学
転入学・編入学 | 東京都江戸川区 江東区 浦安市 通信制高校 滋慶学園高等学校 東京

時期を問わず入学が可能
あなたにあった選べるコース制

自分のペースに合った形で楽しく
高校生活を送ることができます。 目標に向かって一緒に過ごしていきましょう!

転入学・編入学 | 東京都江戸川区 江東区 浦安市 通信制高校 滋慶学園高等学校 東京

皆と同じ時期に
高校卒業資格取得可能!

今の学校から単位を引き継ぐことができるので、同年代の人と同じタイミングで卒業することが可能です。 困ったことがあれば何でも相談してください。

転入学・編入学 | 東京都江戸川区 江東区 浦安市 通信制高校 滋慶学園高等学校 東京
転入学・編入学 | 東京都江戸川区 江東区 浦安市 通信制高校 滋慶学園高等学校 東京

授業料の減免で学費も安心
滋慶高等学校なら仕事やアルバイト
との両立も可能!

高等学校等就学支援金制度により授業料の負担軽減が可能です。その他各種奨学金もご用意できます。 アルバイトもOKなので、より楽しく3年間を過ごせます。

転入学・編入学を希望の方は、お手数をおかけしますが学校までお問い合わせください。

出願資格・選考方法

出願資格 転入学 現在、高等学校に在籍している者
編入学 高等学校を中途退学した者
選考方法 各コースの一般入試の内容に準じる。
※年度途中の転入学・編入学の場合、通信コース受験者に対しても基礎力テストを実施します。

提出書類について

提出書類 転入学 編入学 備考
転入学・編入学
願書
  • 本校指定用紙を使用し、必ず本人が黒色のボールペンを使って楷書で記入してください。
  • 写真2枚(正面上半身、脱帽、無背景で3ヶ月以内に撮影したもの(4cm×3cm)。転入学・編入学願書、受験台帳(控)にのり付けしてください。
  • 郵便局で受領した振替払込受付証明書を剥がれないようにのりで貼ってください。
受験票・受験台帳
振替払込受付
証明書台帳
転学照会状
  • 校長が証印し、厳封したものを提出してください。

※年度途中の転入学の場合は”現在の履修科目および履修単位数を記載した書類”もご提出ください。

単位修得証明書
・成績証明書
在学証明書
  • 校長が証印し、厳封したものを提出してください。
  • 休学期間がある場合は記入すること。
  • 複数在籍校がある場合は、学校までお問い合わせください。
在籍証明書
  • 校長が証印し、厳封したものを提出してください。
  • 最終在籍校へ作成を依頼してください。
  • 休学期間がある場合は記入すること。
  • 複数在籍校がある場合は、学校までお問い合わせください。
選考料 10,000円
  • 募集要項冊子に添付の払込用紙にて郵便局より送金してください。